DIRECTORS

hishikawa2015
Seiichi Hishikawa  Filmmaker / Photographer / Artist
Born in Tokyo in 1969, Hishikawa began his career in the music industry at CBS Sony Group. He was then temporarily transfered to Sony’s PR Department, where he participated in directing and sound engineering exhibitions of modern artists. He moved to NY in 1991 and made a transition to the film industry. He worked as an editing and sound engineer as well as a director in various kinds of productions such as TV including broadcasts for CNN and NBC, music videos, movies, and also trailers. He moved back to Japan and began working borderlessly as a freelance movie director, set director, graphic designer, and web designer. He then participated in the launch of DRAWING AND MANUAL. In the same year, he organized the “Motion Graphics Exhibition” in which he took the main role as exhibition director for 4 years. The exhibition consequently became a forerunner of the motion graphics movement. By combining different aspects of production, he art directed brands and products development. In 2009, he was appointed associated professor of department of science of design at Musashino Art University. In 2011, he was re-assigned as professor. The same year, the NTT Docomo TVCM he directed, “Xylophone” became a triple crown winner at the Cannes Lions. From 2011 to 2013, his first solo photo exhibition “Found stories from a movie that doesn’t exist” travelled across the country. And in 2013, he wrote and directed his first short film, “SUZU” and in 2015 his media art work themed Hokusai Shunga, “Yuki-mi Shunga” debuts in Milan. Same year, he directs the exhibition “Motion Science” at 21_21 DESIGN SIGHT in Tokyo Midtown.
SEIICHI HISHIKAWA PORTFOLIO / Seiichi Hishikawa Facebook Page

Awards: 2000 New York ADC Award / 2001 London International Advertising Award / 2002 International Broadcast Award / 2005 iF three awards including Design Award and Atmosphere Award / 2009 ADFEST Cyber Lotus Bronze Award / 2009 One Show Interactive Merit Award; 2011 Cannes International Advertising Award Gold and Silver in three categories

菱川勢一  映像作家 / 写真家 / メディアアーティスト
1969年東京生まれ。音楽業界からキャリアをスタート。ソニー・ミュージックエンタテインメント株式会社に入社。その後、ソニー株式会社広告宣伝部に出向し、サウンドエンジニアと現代美術作家やアーティストの展覧会の構成などを兼務。1991年渡米。拠点をニューヨークへと移し、音楽業界から映像業界へ転身し、編集エンジニア、サウンドエンジニアと映像ディレクターを兼務。CNNやNBCなどのニュース番組、テレビ番組、ミュージックビデオ、映画、映画予告編製作などに携わる。帰国後、フリーとして映像演出、舞台演出、空間演出、グラフィックデザイン、Webデザインなどのボーダーレスな活動後、DRAWING AND MANUALの設立に参加。1997年から2000年にかけてモーショングラフィックスムーブメントの先駆けとなる「モーショングラフィックス展」展覧会ディレクターを4年間務める。その後、クリエイティブを複合的に生かし、ブランドデザインや商品の開発研究分野へアドバイザーとして参加し活動領域を拡げた。2009年武蔵野美術大学基礎デザイン学科助教授、2011年同大学教授に就任。2011年、監督を務めたNTTドコモのCM「森の木琴」がカンヌライオンズにて三冠受賞。2011年初の写真集「存在しない映画、存在した光景」を発表。2011年から13年にかけて写真展「存在しない映画、存在した光景」を日本各地で開催。2013年富山県を舞台にした初の短編映画「すず」にて監督、脚本を手がけた。2015年、北斎の春画をテーマにした自身のメディアアート作品「雪見春画」をミラノで発表。同年東京ミッドタウンにある21_21 design sightにて「動きのカガク展」展覧会ディレクターを務める。
菱川勢一 ポートフォリオ / 菱川勢一 Facebook Page

受賞歴:
2000年 ニューヨークADC賞 / 2001年 ロンドン国際広告賞 / 2002年 IBA―International Broadcast Award / 2005年 iFデザイン賞 アトモスフィア賞など3部門 / 2009年 ADFEST Cyber Lotus Bronze / 2009年 One Show Interactive Merit / 2011年カンヌ国際広告賞 3部門で金賞、銀賞

 

 

watanabe2015
Yasuo Watanabe  Creative Director
Born in Tokyo in 1974, graduated from the science and engineering department at Nihon University. As an ocean architectural engineer major student, he spent most of his college time for architecture competitions and in 1997 won a second prize at the “21st Century School” design competition held by Architectural Institute of Japan. Same year, he joined DRAWING AND MANUAL. involved in various types of production including video, motion graphics and new media design. As a freelancer, he designed websites for Sony Japan, AIBO, Honda and more. He also worked at Razorfish Tokyo for a while and in 2001 returned Drawing and Manual Inc. as a head of design department/executive vice-president. In 2007 he established Version Zero Dot Nine Co., Ltd as group business and in 2014 reunited with DRAWING AND MANUAL. in order to develop a new line of creation. A faculty member at EFAP-Japon.

Awards: 2009 One Show Interactive Merit; 2009 ADFEST Cyber Lotus Bronze

渡辺泰夫  クリエイティブディレクター
1974年東京生まれ。日本大学理工学部海洋建築工学科卒。大学在学中に建築コンペに明け暮れ、1997年に日本建築学会主催の「21世紀の学校」設計競技にて関東地区入選、全国入選を経て2等を受賞。卒業後、1997年DRAWING AND MANUALに参加。映像・グラフィック・ニューメディアのデザインなどさまざまな制作活動を行う。退社後にフリーランス活動にてSony Japan、AIBO、Hondaなどの数々のウェブサイトをデザインする。その後Razorfishの東京オフィス勤務などを経て、2001年DRAWING AND MANUALに戻り、デザイン室室長、取締役副社長就任。2007年にグループ会社としてヴァージョン・ゼロドットナイン株式会社を設立。代表取締役を勤める。2014年からドローイングアンドマニュアルに再度合流し新たな制作活動をスタート。EFAP-Japon 講師。

受賞歴:
2009年 One Show Interactive Merit / 2009年 ADFEST Cyber Lotus Bronze

 

 

 

Ryosei2015
Ryosei Suzuki  Filmmaker / Photographer
Born in 1979 in Nagoya. An actor-turn-director. After working at a film production company, he moved to Canada and started directing music videos and movies, while dealing with technicals at the same time. In 2008, he moved back to Japan and started working at DRAWING AND MANUAL. With a wide variety of film production experience on both directing and technical sides, he has been involved in directing , shooting and editing a large number of production. Since 2012, he started his long time dream of round-the-world trip with his wife. And in 2014, his first video DVD/Blu-Ray album “World Time-Lapse”(KADOKAWA/DRAWING AND MANUAL) was released. Many of his visual works are presented at the world video collection site, “1 Minute Journey”. Also his website, “Tabisuru-Suzuki” was selected as one of the official recommended works in the entertainment category of Japan Media Arts Festival 2014. He continues on his round-the-world trip as a traveling filmmaker while writing columns on the Mercedes-Benz website “mb!” and the magazine “MacFan”.
Tabisuru-Suzuki / mb! by Mercedes-Benz / 1 minute Journey

鈴木陵生  映像作家 / 写真家
1979年名古屋市生まれ。劇団での役者経験を経て映像業界へ。映像プロダクションにて映像クリエイターを務めた後、カナダ拠点を移す。ミュージックビデオ、映画などの演出、技術スタッフなどを歴任。2008年日本へ帰国し、DRAWING AND MANUALに参加。技術サイドと演出サイドの両面での豊富な経験を生かし、映像作家として演出、撮影、編集を数多く手がける。2012年より長年の夢であった世界一周をスタートし、現在も妻とふたり旅をしながら自主サイト「旅する鈴木」にて映像発表をし続けている。2014年初めての作品集「The World Time-Lapse」(KADOKAWA/DRAWING AND MANUAL)DVD/Bru-Layを発表。同時に”1分間で世界を旅をする”をテーマにした旅映像映像集「1 Minute Journey」に映像作品を提供。2015年「旅する鈴木」がメディア芸術祭のエンターテイメント部門 審査委員会推薦作品に選定される。メルセデス・ベンツwebsite「mb!」、MacFanにてコラム執筆など旅をテーマにした創作活動をしている。2015年タイムラプス映像をパラパラ絵本にした「Ta Bird Books 鳥のように世界を旅するパラパラPHOTOブック」シリーズ絵本を発表。
旅する鈴木 / mb! by Mercedes-Benz / 1 minute Journey

 

 

 

kobatashi2015
Yusuke Kobayashi  Art Director
Born in Hyogo Prefecture in 1979, he worked at Ralph Lauren after majoring in fashion design. He then switched his career to the music industry working as a sound engineer at night clubs and live music venues as well as concert tours and music festivals. While being involved in various types of music production, he started looking for his own expression for creativity. In 2006 he began working as a designer at desegno ltd., where he oversaw graphic design, web, video, and music production primarily for clients in the fashion and beauty industries such as Jill Stuart and Moët&Chandon. In 2009, he joined DRAWING AND MANUAL, where he handles work in a growing number of creative fields including corporate VI, promotional visuals for television programs, and sound design while deepening his commitment to typography.
YUSUKE KOBAYASHI PORTFOLIO

Awards: 2013 D&AD Spatial Design in book

小林祐介  アートディレクター
1979年、兵庫県生まれ。ファッションデザインを専攻し、ラルフローレンに入社。その後、音楽業界へ転身し、Clubを中心にライブハウスやツアー、フェスティバルなどにおけるサウンドエンジニアとして活動する。様々なアーティストの音や感性に触れる一方で、自らも創作・実験を繰り返し、表現の場を模索していく。2006年よりdesegno ltd.にデザイナーとして勤務。JILL STUARTやMoët&Chandonなど、主にアパレルや美容業界のグラフィックデザイン・Web・映像・音楽を制作。2009年よりDRAWING AND MANUALに参加。企業VI、プロモーションヴィジュアル、TVCMの映像ディレクション、アプリのアートディレクション、サウンドデザインなど、クリエイティブの領域を拡張しつつ、日々タイポグラフィーへの傾倒を深めている。
小林祐介 ポートフォリオ

受賞歴:
2013年 D&AD スペースデザイン部門インブック

 

 

 

obara2015

Yutaka Obara  Director

Born in Kanagawa in 1981 and graduated from Keio University in 2004. He started his career at the TVCM production, Spoon Inc. While working for a free CM/Film director Hisashi Kikuchi, he found himself interested in interactive expression and started working as a web designer at TYO Inc. making websites and online contents. In 2011 he joined Drawing and Manual Inc. and makes TVADs and WebCMs for large corporations with documentary approach. He has also directed various large scale projection mapping events in Kanazawa. Assigned a part-time instructor at Musashino Art University since 2013.
Facebook Page

小原 穣  映像ディレクター
1981年神奈川県生まれ。2004年慶応義塾大学卒業後、株式会社スプーンに入社制作アシスタントとしてキャリアをスタート。その後、フリーのCM・映像ディレクターに師事し数々の作品に携わる。映像のみならずインタラクティブな表現を求め株式会社ティー・ワイ・オーに入社。WEBデザイナーとして、サイトのデザインやコンテンツ制作に携わる。2011年DRAWING AND MANUALに参加。映像ディレクターとして企業のTVAD、WebCMなどを中心にドキュメンタリータッチの表現を追求している。また、大型作品としてしいのき迎賓館、金沢城などのプロジェクションマッピングの演出などを手がける。2013年より武蔵野美術大学非常勤講師を務める。
Facebook Page

 

 

 

shimizu2015
Takaharu Shimizu  Art Director / Collage artist
Born in Matsumoto city, Nagano in 1987. After graduating from Musashino Art University, he started working at DRAWING AND MANUAL. Exploring his own aesthetic using a collage technique, he has produced music videos and cover artworks for artists, a web CM for Mercedes-Benz, a station ID for MTV, an opening sequence for BS Asahi TV series. His appearance as a collage artist in the TV program of NHK gave him much public attention and he was listed in the book, “100 Top Visual Artist 2013″.As a lifework, he organizes a series of paper collage workshop in many places throughout Japan in order to look further into creative communication and representation.
TAKAHARU SHIMIZU PORTFOLIO

清水貴栄  アートディレクター / コラージュ作家
1987年 長野県松本市生まれ デザイナー コラージュ作家。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業、DRAWING AND MANUALに参加。コラージュから生まれる独自な世界観で、映像からグラフィック、プロダクトまで演出する。アーティストのミュージックビデオやアートワーク、メルセデスベンツのWEBCMや、MTVのStation ID、BS Asahiのテレビ番組のオープニング映像などを制作。コラージュ作家としてNHKの番組にも登場し注目を浴び、映像作家100人2013(BNN出版)に掲載された。またライフワークとして、コラージュのワークショップを日本各地で開催し、ものづくりの場から生まれるコミュニケーションと、新しい表現について思考を深めている。
シミズタカハル ポートフォリオ

 

 

 

ikemune2015
Kiyoshi Ikemune  Art Director
Born in Okayama in 1981. After graduating from Tama Art University as a product design major, he started his career at Elephant Design Co., ltd. producing concept movies, designing web interface, and directing sound for equipments with leading electric appliances companies as clients. Since he joined DRAWING AND MANUAL in 2012, he has been involved in a broader field of productions, such as motion graphics, title sequence productions, and concept making. Additionally, in recent years he has worked with woodcrafters to promote interior product made of solid woods.
Kiyoshi Ikemune Portfolio

池宗清史  アートディレクター
1981年岡山県生まれ。2005年多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻卒業。卒業後、エレファントデザインに勤務。大手家電メーカーをクライアントに、コンセプトムービーの制作やインターフェースデザイン、機器のサウンドディレクションなどを手がける。2012年よりドローイングアンドマニュアルにデザイナーとして入社。モーショングラフィック、タイトルバックなどの映像や商品のコンセプトメイキングなど、クリエーションの幅を広げている。また、近年では木工職人とともに、無垢材を使用した日常のインテリアプロダクトの提案活動を行う。
池宗清史ポートフォリオ